不動産業

1.不動産賃貸

自ら不動産を購入し、賃貸収入を得る業態の不動産業では、不動産の購入時の計画が重要になります。
不動産の購入額は高額であるため、賃貸収入による初期投資の回収に時間がかかります。
また、将来の修繕を考慮することも必要ですから、賃貸収入の見積、借入金の金利・返済額、減価償却を考慮した資金繰りなどを購入時にしっかりとした計画を立てる必要があります。

2.賃貸仲介・売買仲介

不動産仲介業は自ら不動産を所有するのではなく、賃貸管理・不動産仲介により手数料を得る業態であるため、他のサービス業に似ています。
幅広い年代が顧客層となり得ますので、顧客層に合わせた事業戦略を立てることが重要です。
インターネットに重点を置いた広告を行うこと、飛び込み客も少なくないため立地条件の良い事務所であることが事業を成功させるためのポイントとなります。

TKCシステム・Q&A
社長メニュー
毎月更新!お役立ちコーナー
補助金・助成金
TKC戦略経営者ローン
FX4クラウドのご紹介
永村税理士事務所はTKC全国会会員です

Googleマップ

当事務所への詳しいアクセス方法