製造業

製造業の特徴は、自社で材料を仕入れ製品を製造する点です。製品を製造するためには製造設備が必要ですので、他の業種より多くの設備投資資金が必要となります。また、通常仕入から販売までが長期間となるため常に必要な運転資金額を把握し、資金繰り計画を立てることも重要なポイントです。

原価計算は行っていますか?

「この製品はどれだけ儲けを生み出しているのか?」「販売価格はいくらにすればいいのか?」「どこからコストカットすればいいのか?」といった疑問をお持ちではないですか?

原価計算を行うことで製品別の儲けを把握でき、価格決定にも役立ちます。また、製品別に材料費のみならず、人件費や光熱費などの諸経費を含んだ実際原価の算定を行い、目標とする原価と比較することで、どのように原価・コストを低減すべきかが明らかになります。

税制上の優遇

製造業は多額の設備投資を行うため、減価償却の特別償却など税制上の優遇措置が設けられています。

例えば

・中小企業等投資促進税制(中小企業者等が機械等を取得した場合の特別償却又は税額控除)

・環境関連投資促進税制(エネルギー環境負荷低減推進設備等を取得した場合の特別償却又は税額控除)

・試験研究費の総額に係る税額控除制度

TKCシステム・Q&A
社長メニュー
毎月更新!お役立ちコーナー
補助金・助成金
TKC戦略経営者ローン
FX4クラウドのご紹介
永村税理士事務所はTKC全国会会員です

Googleマップ

当事務所への詳しいアクセス方法